■商 工 貯 蓄 共 済■
この制度は「貯蓄」・「融資」・「保険」 の3つの機能を組み合わせた、商工会会員ならびにその家族、従業員の為の共済制度であり、併せて 商工会の事業をより積極的に行おうとするもので、商工会の事業として国から認められ次の特長を持った制度です。
.加入できる方・・ 商工会の会員並びにその家族及び従業員その他、本制度の目的に賛同するもの
.生命保障の対象となる(被保険者) ・・ 5才7ヶから65才6ヶまでの健康な方・・
.加入期間と加入口数・・ 加入期間は10年、被保険者1人につき10口まで(1口 2,500円)


貯 蓄 積 立 金(小さな掛金で自己資金づくりに最適)
事業者の方々は経営体質の改善をはかり、ご家族・従業員の方々は生活基盤の充実・安定がはかれます。

(欷盈舛よび手数料
集団扱勤労保険で、年齢に応じて保険料が異なりますが、10年間保険料は変わりなく低率です。

貯蓄積立金および利息
貯蓄積立金は年間掛金から保険料・事務手数料を控除した額に銀行の1年定期預金扱いで複利計算されます。

C蓄積立金の返戻
満 期 時 : 満期時には、10年間の貯蓄積立金元利合計額をお返しします。
中途解約金:中途で解約される場合でも、それまでの貯蓄積立金元利合計額をお返しします。

げ弾者配当金の返戻
満期の際、保険会社から加入者配当金が支払われます。


融 資(大きな信用で、手軽に利用)
1年以上正常に掛金の継続をされますと、取扱金融機関(大和銀行・泉州銀行・近畿大阪銀行)を通じて生活向上並びに事業の拡大、安定をはかるための融資を受けることができます。
・あっせん対象者
1.本制度の加入者であること2.勤続年数又は事業経歴3年以上3.年令20才以上65才未満の方
4.掛金が1年以上正常に振込まれていること5.過去に借入の延滞事故のないこと
・資 金 使 途 ・・・ 生活資金 事業資金(運転資金・設備資金)
・限 度 額
1.生活資金・・30万円又は積立金残高の5倍のいずれか多い額。 一世帯最高限度額100万円まで。
2.事業資金・・1件あたり100万円以上1500万円以内。(下記の表を参照)
1口〜4口 5口〜10口
運転資金の場合 500万円 1000万円
設備資金の場合 500万円 1500万円
・返 済 期 間
1.生 活 資 金 ・・・ 3年以内(6、12、18、24、30、36ヶ月)
2.事 業 資 金 ・・・ 6ヶ月以内の据置期間を含み1ヶ月以上7年以内
・利 率
1.生 活 資 金 ・・・ 年利率長期プライムレート(固定金利型) 保証料3.0%
2.事 業 資 金 ・・・ 下記の表参照。
期 間 利 率
運 転 資 金 1年以内
1年超3年以内
3年超5年以内
短プラ+0.5
短プラ+0.8
短プラ+1.0
設 備 資 金 1年以内
1年超3年以内
3年超5年以内
5年超7年以内
短プラ+0.5
短プラ+0.8
短プラ+1.0
短プラ+1.5
・返 済 方 法
1.元利均等毎月返済
2.退職(共済制度脱会)時全額返済

・保 証 人
1.生 活 資 金
/醜者が事業主の家族又は従業員の場合は事業主。
⊃醜者が事業主の場合は第三者。
2.事 業 資 金
(歉擽┣颪諒歉敝佞の場合は保証協会の定めによる。
∧歉擽┣颪諒歉擇ない場合は取り扱い銀行の定めによる。

・担 保
1.生活資金 : (株) アプラスの保証
2.事業資金 :原則として大阪府中小企業信用保証協会の保証を必要とする又は、不動産及び有価 証券担保を徴求する。
(担保評価については、取扱銀行の定めによる。)
・貸 付 形 式
証書貸付 ●取扱金融機関[りそな銀行・泉州銀行・近畿大阪銀行](預金口座が必要)


生 命 保 障(確かな安心を負担の少ない保険料で)
不慮の災害にも生命保障が約束され安心して事業に専念することが出来ます。
・保険金と診査区分
告知書扱 加入者告知書による自己診断。
面接士扱 面接士による代用診査。
診査医扱 医師による健康診断。
保 険 金
(加入口数1口当り)
加入年齢時 加 入 口 数
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
200万円 6〜39才
40〜44才
45〜46才
100万円 47〜54才
50万円 55〜65才
(注)告知の記入事項が現実と相違する時は、保険料が支払われないことがあります。
・保険契約の発効
初回の掛金が取扱い委託団体に振込まれ、受領された翌日(午前零時)に発効します。
面接士扱、診査医扱の場合は、診査が完了しませんと保険契約は発効致しません。


TOP町の紹介企業案内共済融資
熊取町商工会青年部お役立ち情報&サイト紹介熊取スタンプ会






商工貯蓄共済の募集に当たって

1.商工会・商工会連合会は、商工会法、金融商品の販売等に関する法律その他関係法令等を遵守して、商工貯蓄共済の募集を行います。

2.商工会・商工会連合会は、加入いただく皆様のご意向、商工貯蓄共済に関する知識、経験、財産の状況等を総合的に判断し、募集が適正なものとなるよう努めます。

3.商工会・商工会連合会は、ご加入いただく皆様に、加入に先立ち商工貯蓄共済に関する重要事項を説明するとともに、その内容を正しくご理解いただけるよう努めます。

4.商工会・商工会連合会は、ご加入いただく皆様がご迷惑に思うような募集(時間、場所、方法)はいたしません。

5.募集が不適当であると思われた場合は、ご遠慮なく商工会・商工会連合会にお知らせ下さい。